中本 純也
猪口

3,850yen(Tax in)

みずからの手でつくりあげた薪窯で、作陶されている中本純也さん。ピンホールや目あとを残した表情のある仕上がりです。その手の跡から、おおらかで、やわらかな風合いを感じます。

こちらは猪口ですが、さまざまなシーンでご使用いただけるフリーカップです。コーヒーやお茶などはもちろん、蕎麦猪口や小鉢としても、アイスクリームなどデザートを盛り付けても。日々幅広く使えるカップがほしくて、中本さんにお願いして作っていただきました。白磁が美しく、ゆらぎのあるフォルムです。

サイズ     約φ7.5 x 7cm
用量        約160cc
素材        磁器
原産国     日本


-ATTENTION-
・手作りのため、ひとつひとつ釉薬の色合い・柄・形・サイズに個体差がございます。
・電子レンジ、直火、オーブン使用不可です。
・食洗機、乾燥機のご使用はお避けください。
・急加熱、急冷はしないでください。ヒビ、割れなど破損の原因となります。
・薪窯で焼いているため、その時の気候や窯の中の状態により、同じ材料を使用していても、形状や釉薬の色合い、重さには個体差があります。
・作品によって、目跡やピンホール、底に割れがある場合がありますが、焼成の際にできるもので使用には問題ありません。
・ご利用のパソコン環境やモニタの種類により、オンラインストア上と実際の色と見え方が異なる場合がございます。


中本 純也 | Junya Nakamoto
大阪府生まれ。
大学で陶芸を学び、海外などで修行。
2000年、和歌山県田辺市龍神村に築窯。