Oficina da Formiga
mother tile

3,520yen(Tax in)

干しタラと買い物袋を持ったお母さんのマグ。ポルトガル語で“今日の夕食はタラよ”と書かれていて、タラ料理が365種類以上というほどたくさんあるポルトガルらしいかわいい絵柄です。インテリアとして飾ってみたり、鍋敷きに使ったり。

カラー     グリーン
サイズ     W15 x D15cm
素材        陶器
原産国     ポルトガル


-ATTENTION-
・最初から入っているひびや、時間とともに入ってきたりするひびは貫入です。ご使用に差し支えはございません。陶器の味わいとしてご理解ください。
・角の欠けや側面の凹みは製作の過程でできてしまうものです。
・手作りのため形のゆがみ、染料の飛び散りや黄変、針の先で突いたような穴があるものがあります。
・型染めの陶器は手作りのため、形状や釉薬の色合い、色の濃淡には個体差があります。また、顔のパーツや細かい絵柄は手描きで、裏面のマークのデザイン、お花の形状や色も1点1点異なります。画像のものと同一ではなく、お選びいただけませんのであらかじめご了承ください。


Oficina da Formiga | フォルミガ工房
フォルミガ工房はポルトガルのアヴェイロ近郊にある小さな工房。ポルトガルに伝わる、切り抜いた型紙の上から染料を含ませた筆で染付をする、型染め(ステンシル)の陶器を作っている。この陶器が作られ始めたのは1843年頃で、19世紀の終わりに最盛期を迎えるが、手間とコストがかかるため、現在ではほとんど作られなくなってしまっていた。フォルミガ工房では古い陶器をお手本にしたり、引退した職人から受け継いだ古い型紙(古くは50年近く前のもの)を使って陶器作りをしている。


Designed by Andorinha